ファッションバイヤーになるには?転職前に知むべき全知識・方法公開!

「オシャレは足元から」より先に「バイヤーになるには?」のチェックをしよう!

入れ替わりの激しいファッション業界なら、「転職したい」と思っている方や「もっとキャリアップしたい」と考えている方も多いはず。
その延長線上にバイヤーという職業に憧れている方も多いでしょう。

そこで、アパレル業界での転職に関するポイントを事前に頭に入れておきましょう。
失敗しないファッション業界の転職は、情報収集が大切です。
今回は、人気のバイヤーになるための具体的な方法などをご紹介します。

「バイヤー」それはアパレル業界で憧れの職種!

ファッションの仕事をしていると、よく希望が出る人気のポジションがあります。
それはデザイナーでもパタンナーでもなく、「バイヤー」です。

国内はもちろん、世界のファッションブランドの買い付けのために国内外を飛び回る。
そして、たくさんの展示会やショールームで最新のコレクションをチェックしながら買い付けるアイテムを決める。
バイヤーとは、バイイングが仕事であり、セレクトショップに並べるアイテムを決める重要な役割です。

ハイブランドを扱うセレクトショップであれば、ロンドンコレクションやパリコレクションなどにも出向く。
まさにファッション好きならやってみたい仕事。そしてセレブの雰囲気がする華やかな仕事です。

「でもバイヤーって限られた人にしかできない仕事、、、」
「バイヤーになりたいけれど自分には無理かも、、、」

なんて悲観的に考えていませんか?
プロ野球選手やアイドルになろうと思えば狭き門ですが、バイヤーなれ自分にもなれる可能性は十分にあります。

重要なのは「バイヤーになりたい情熱」「バイヤーになるための方法」です。

そこで、どうすればバイヤーになれるのか?
ファッション業界の転職の際にバイヤーになるための方法をご紹介します。

バイヤーになるには「3つの方法がある!」

バイヤーになりなたい。バイヤーになるにはどうすればいいか。
そう思った時に、まずは同じようなバイヤーでも3つのバイヤーがいることを頭に入れておきましょう。

①大手セレクトショップのバイヤー
②個店オーナーショップのバイヤー
③自分でショップを立ち上げたバイヤー

以上の3つです。
ここではそれぞれの特徴を解説していきます。

①セレクトショップや百貨店のバイヤー

これがみなさんが一般的にイメージするバイヤー像です。
大きな企業や大手のセレクトショップ、有名百貨店には数人のバイヤーを抱えており、それぞれのバイヤーが世界中を飛び回ります。
彼らの目にとまったブランドやアイテムが、ショップに並ぶこととなります。

大手セレクトショップのバイヤーは、とにかく規模の大きな仕事となります。
全国にショップを展開しているなら、それだけたくさんのブランドから、たくさんの数を発注することに。
バイイングで使うお金の金額も億単位です。

さらに、日本国内はもちろん、パリやロンドン、ミラノ、ニューヨークなどのファッションウォーク期間には、様々な展示会へ足を運び、旬なブランドや新しい商品をリサーチ。
お店に並べたいアイテムをオーダーしていく。という仕事です。

まさに絵に描いたような憧れの職業。

ただ、大手のセレクトショップになれば、バイヤーもチームで動くことになります。
複数のバイヤーやMD(マーチャンダザー)と呼ばれる商品展開を考える人などがそのチームメンバーです。

そのため、買い付けを決めるのは会議などでたくさんのメンバーで話し合いながら決めることが一般的。
もちろん、セレクトショップのイメージや価格帯に合った商品を買い付けすることになります。

決して「自分が好きだから」で買い付けを行えるとは限らず、全ての決定権はバイヤーチーム全体、もしくはチーフバイヤーにあります。

また、商品の消化率といって、仕入れに対してどれくらいの在庫が残っているのかという割合をチェックしたり、お店での売れ行きを確認し、次回の仕入れを継続するかを判断するなど、データを元に買い付けるブランドを決めるID野球のような方法で買い付けブランドを決めたりもします。

簡単にまとめると「チーム全員で動くエリート集団」といったところ。

②オーナー経営のショップのバイヤー

これは、地方の小さなセレクトショップなどに多く、オーナーが経営するショップのバイヤーです。
もちろんオーナー自らがバイイングすることもあれば、そのお店で働いている方が買い付けを行うこともあります。

なのでバイヤーといってもスタイルは様々。
オーナー自らがバイヤーの場合、店長兼バイヤー。ショップスタッフ兼バイヤー、オーナーも店長もバイヤーも全て自分で行う人まで。

バイヤーとしてのみ専門に仕事をしている方は少なく、ショップでお店に立ちながらもバイヤーを兼任されている方がほとんどです。

買い付けの方法は大手セレクトショップと同じですが、チームを組んで行うのではなく、ある程度バイヤー個人の判断で買い付けができることが大きな特徴です。

さらに、バイヤー個人が好きなブランドなども取り入れやすく、売れ行きが少し悪くてもバイヤーの好みで継続的に買い付けられているブランドなどがあることも。

また、ショップスタッフとバイヤーを兼任する方なら、お店でお客さんと接することでお客さんの好みは欲しいであろうアイテムもわかりやすく、お客さん目線でブランドの買い付けが行えるメリットがあります。

もちろん、1人でショップの全てを行っている経営者なら、バイイングに関しても全て自分に決定権があるので、自分の判断で自由に買い付けを行うことができます。

ショップが持つこだわりや、オーナーやスタッフの好みなども選ぶブランドやアイテムに反映されやすい、選ぶ自由度の高い仕事です。

③自分でショップを立ち上げたバイヤー

カテゴリー的には「オーナー経営のショップのバイヤー」ですが、バイヤーになりたいと考えている方の近道が、自分でショップを構えることです。
そうすれば、自分の好きなブランドやアイテムをバイイングし、ショップに並べることで理想的な空間を作ることができます。

お店はまさに「自分の空間」であり、すべてが自由。
バイイングチームで動くこともなく、オーナーからの指示を受けることもない。
自分がいいと思ったブランドや商品をバイイングできることが最大のメリットでしょう。

このように、上記3つのバイヤーの種類があります。
それでは、詳しく一つ一つのバイヤーの特徴やメリット・デメリット、バイヤーになる方法を解説していきましょう。

IMG_1671

大手セレクトショップからチャンスを狙う

一つめの「セレクトショップや百貨店のバイヤー」ですが、まさにバイヤーになりたい方が憧れる業務であるので、人気であり競争率は高いです。
そのため、まずはショップスタッフのポジションから大手セレクトショップや百貨店の会社に入社することが近道といえます。

バイヤー職は、外部から募集されることもありますが、同じようにショップスタッフの中から抜擢されることも多いです。
そのため、ショップスタッフとして結果を出しながら、本社スタッフの方とも親交を深めることが大切です。
さらに、バイヤーになりたい気持ちを常にアピールしましょう。

そうすることで、ポジションに空きが出た時点でバイヤーとして声をかけてもらえることや、アシスタントバイヤーから始めさせてもらえることがあります。

大手のセレクトショップの求人は、それぞれのホームページでの採用情報をチェックするか、転職サイトで情報を得るようにしましょう。
ファッション業界の求人に特化したサービスであれば、「ファッショーネ」や「クリーデンス」がオススメです。
バイヤーの求人から一般では手に入らない非公開の求人が集まる場所としても見逃せないサービス。すべて無料なので、思う存分活用しましょう。

バイヤーから販売まで関東に特化した「ファッショーネ」

「ファッショーネ」オフィシャルページ

女性からの人気が高く、口コミでも広がっているアパレル業界専門の転職サービス。
販売の仕事からバイヤーの仕事まで、様々な求人がここで手に入ります。
カウンセリングに対応してくれるスタッフさんもとても親切。
「バイヤーになりたいんです!」と相談をして、求人をいろいろと紹介してもらいましょう。

↓こんな記事も書いています。
【ファッショーネに登録しよう!】アパレル業界での転職でかなり頼りになる存在ですよ

全国規模で多数のバイヤー求人も集まる「クリーデンス」

「クリーデンス」のオフィシャルページ

全国規模、アパレル業界の転職サービスでは最大手。
とにかく大手から中小企業まで様々なファッション業界の求人がここに集まってきます。
非公開の数もとにかく多い。
自分一人の力では絶対に見つけることができない求人も紹介してもらえる頼りになる転職サイトです。

↓こんな記事も書いています。
【アパレル業界の転職を実話で】僕がユナイテッドアローズの面接を受けたエピソード

上記2つが代表的な転職サービスでしょう。
魅力はセレクトショップやハイブランドなどの普段の求人サイトでは目にしない情報が集まっていることです。
まずはここから情報を集めてエントリーしてみましょう。

大手や百貨店のセレクトショップのバイヤーの特徴としては、

メリット:
・買い付け予算が多く、たくさんのブランドやアイテムなど選択肢が多い。
・海外出張も実現できる。
・キャリアアップに最適な仕事内容と企業。

デメリット:
・ボジションの競争率が高い。
・買い付けを行うミーティングが多く、自分の意見が通らないことも多い。
・結果重視で売れるかどうかのプレッシャーがある。

などがあります。

オーナー経営のショップで学ぶ

二つめの「オーナー経営のショップのバイヤー」ですが、これが比較的バイヤーになりやすい方法でもあります。

都内や地方に関わらず、オーナー経営のセレクトショップはたくさんあります。
ここで働くことによってバイヤーとしての仕事も任せてもらえるようになる可能性があります。

展示会やショールーム周りでは、オーナーやバイイング担当の方についていくことで基本を学び、将来的に買い付けを行えるようにスキルアップを行うことができます。

小さなショップであればスタッフも少人数なので、バイヤーだけではなく接客なども行う兼業のバイヤーがほとんどです。
魅力としては、自分の好きなブランドやお客さんに提案したいアイテムがあれば、ショップの雰囲気にあっていれば買い付けを行うことができるなど、自由度の高いバイイングができることです。

さらに大手のセレクトショップなどとは違い、競争率も高くないので比較的バイヤーになれるチャンスはあります。

お気に入りのオーナー経営のショップがあれば、新しいスタッフの募集がされていないか問い合わせをしてみましょう。
リクナビNEXTにも載っていないスタッフ募集が見つかる可能性があります。

オーナー経営のショップのバイヤーの特徴としては、

メリット:
・自分の思い入れのあるブランドやアイテムを買い付けできる。
・オーナーと展示会などをまわることで、バイイングのスキルを身につけることができる。
・バイヤーになる競争率が低く、スタッフとして頑張ればバイヤーとして任せてもらえやすい。

デメリット:
・ショップの買い付け予算も規模も小さいので、買い付けできるブランドや量が限られている。
・接客をしながらもバイヤーの仕事もするので、仕事が忙しくなる。
・海外出張が必ずできる訳ではない。

などが考えられます。

自分でショップを立ち上げる

最後にご紹介する「自分でショップを立ち上げたバイヤー」が、一番すぐにバイヤーになることができる方法です。

自分のセレクトショップを作り、そこで商品を売ることでバイイングなどの全ての業務を行うことができます。
もちろん初期費用が必要となりますが、現在では、オンラインショップなども比較的簡単に始めることができます。

実店舗を持たないで、オンラインショップだけで運営をしているセレクトショップも数多くあります。
代表的なサービスが、BASEで、無料で1時間もあれば自分のオンラインショップを作ることができます。

そのため、誰でも簡単に自分でショップを立ち上げることができ、昔よりもハードルは下がっています。
どうしてもバイヤーになりたい方なら、将来的にも自分のショップを持つことも視野に入れてみましょう。

自分でショップを立ち上げたバイヤーの特徴としては、

メリット:
・すぐにバイヤーになることができる。
・全てが自由に買い付けから経営まで行える。
・昔よりもセレクトショップを始めるハードルが下がっている。

デメリット:
・初期費用がかかる(BASEのオンラインショップなら無料)。
・すべての業務と雑務を自分で行う必要がある。
・売り上げがすぐに上がる保証がない。

上記の内容となるでしょう。

IMG_1822

バイヤーになるには磨いておきたいスキル

バイヤーどうしてもなりたい。
だから今から準備できることってないだろうか。。。

そんなバイヤーになる活力がある方なら、毎日がスキルアップの時間。
でも一体バイヤーに必要なスキルって何なの??

バイヤーになるには持っておきたいスキルを並べてみましょう。

「バイヤー」の仕事を理解する

まずはとにかくバイヤーという仕事を理解しましょう。
「もう知ってるよ!」という人も、あらためて全体を見ると知らなかったことが見つかるかもしれません。

バイヤーの仕事は「買い付け」であり「仕入れ」です。
仕入れなら値段があって、予算があって、卸売価格があって、、、、。
といろいろ専門用語も出てくるでしょう。

それらに触れておくためにもバイヤーの本を1冊でも読んでおくことは効果的。
どんな仕事でも「全体を知っておくこと」は大切です。

「センス」を磨く

バイヤーになりたいと思ったら、一番身に付けたいスキルが「センス」です。
これは、セレクトショップに並べた時に、たくさんの方が欲しいと思ってもらえる魅力的なアイテムやトレンドを見極める力が必要になります。

そこで、時間がある時や新しいシーズンの立ち上がりには、たくさんのセレクトショップを周り、店頭に並んでいるアイテムのチェックしましょう。
普段から、どんなアイテムが今の旬で、どういったアイテムがトレンドであるかをチェックすることが大切です。

また、国内だけでなく海外のブランドなども幅広くリサーチすることも役立ちます。
パリコレやロンドンコレクションのブランドを調べてみるのも楽しみながらセンスを磨く時間。

コーディネートならストリートスナップがリアルなオシャレで参考になります。

これらの情報はネットでも手に入るので、隙間時間などにいろいろとブランドやストリートスナップつながりでネットサーフィンをしてみましょう。

ちなみにロンドンファッションウィークの記事やストリートスナップの記事は当サイトでも独自に取材・紹介しています。
こちらもぜひご参考にしてください。

↓こんな記事も書いています。
ロンドンコレクション記事一覧

「古着の知識」を得る

また、メンズファッションやカジュアルウェアであれば、古着を知ることも大切です。
ファッションのデザインは、古着をヒントにアレンジされることも多いので、古着の知識があればバイヤーとして「センス」も磨かれるはずです。

特にメンズのファッションアイテムは古着をヒントにデザインされていることもあるので、古着の知識が役立つシチュエーションは多数あります。

それにデザイナーさんなどとの会話でも、古着の知識がないとついていけないことも。
ウィメンズアイテムも最近はミリタリーアイテムのアレンジなどもあり、ビンテージを知っているだけでバイヤーとしての格が上がるはず。

古着を特集した本などを古着の教科書として、普段から知識を詰め込むようにしましょう。

↓こんな記事も書いています。
古着の知識を勉強したい!なら教科書としてこの本は買っておくべき!スマホでも読める

「英語力」も必要

海外へバイイングに行くとなれば、基本的な英語力は身につけておきたいところ。
ペラペラになる必要はありませんが、ある程度の理解力と意思伝達ができないと仕事になりません。

だからこそバイヤーになりたいと思った日から英語力を高める努力は必要でしょう。

「でも英語の勉強って長続きしない、、、」
「いろいろやっても、まだ英語が話せない、、、」

なんて絶望的になる人も多いのではないでしょうか。

でも、今回こそ頑張って英語習得してみましょう!バイヤーの夢を実現するために。

もちろん、英語習得で一番いい方法は海外留学です。
自分を英語を話さないといけない環境に追い込むことで、効率的に英語を習得する方法。

でも、そんな時間は社会人にはない!ですよね。

それならとスピードラーニングなどの聞くだけの英語習得方法もありますが、いまいち結果が出た事例を聞いたことがありません。

やはり自分である程度努力する必要があるんです。
ここは覚悟しましょう!

そして、時間がない社会人なら、短期集中型のやり方で詰め込むことが必要であり、効果的。
すこし教材は高いかもしれませんが、時間を買ったと思ってトライしてみましょう。

今まで諦めていた英語も、自分の決意と努力、良い教材で習得できるんです。

「プライムイングリッシュ」オフィシャルページ

ショップでの「接客経験」

また、バイヤーの仕事はバイイングですが、それを並べるのはセレクトショップなので、接客の経験も重要になります。
どういった商品が反応が良く、売れやすいか。
どんな商品を普段のお客さんは求めているか。
など、接客を経験しないとわからない感覚がたくさんあります。

そのため、遠回りになるように思われがちですが、バイヤーになるためには接客の経験を積むことが必要不可欠です。

接客、ディスプレイ、ストック管理など、一度はすべての仕事を知っておくようにしましょう。

アパレル業界に特化した接客技術を学ぶなら、こちらも良い本が出ています。
マニュアル通りになる必要はありませんが、基本的なことを知っているから自分らしい接客ができるということ。

バイヤーと同じく技術やスキルが必要な販売の仕事。
こちらも今からスキルを身につけておくと現場で役立ちますよ!

また、バイヤーに関わらず、ファッション業界の転職に役立つ本をまとめて紹介しています。
こちらの記事も参考にしてください。

↓こんな記事も書いています。
【アパレル業界の転職のために】読んでおきたい本はコレ!漫画も含む

新卒ならバイヤーのインターン情報もチェック

もし、この記事を読んでいるあなたが新卒での就職活動を行っている学生であったら。
実はバイヤーのインターンとして参加する方法もあります。

セレクトショップや百貨店が募集しているプログラムでありバイヤーとして働く近道でもあるインターン。

バイヤー職のインターン情報を得る方法やその詳細などを別の記事にて紹介しているのでこちらもチェックしてみましょう。

↓こんな記事も書いています。
【バイヤーをインターンで経験したい!】募集やアシスタントバイヤーとなる方法は?

なりたいを叶えるなら、まずは転職サイトから情報収集

ここまで、ファッション業界に転職したい!バイヤーになりたい!という方へ向けたコツやポイントをご紹介しましたが、一番の有効的な方法は、情報をしっかり集めることです。
特にファッション業界は非公開求人も多く、転職エージェントに相談すれば豊富な求人情報をもらうことができます。
さらに、働きながら転職活動ができるなど、負担が少ないことも魅力です。

まずは、複数のファッションに特化した転職サイト、転職エージェントに登録し最新の情報を手に入れましょう。

特にファッション業界で人気のある転職サイトは、

「ファッショーネ」オフィシャルページ

関東に集中した非公開求人が集まる転職サービスです。
バイヤー職の求人情報を効率的に手に入るためにも登録をオススメします。

↓こんな記事も書いています。
【転職成功法】アパレル業界は非公開求人をモノにすること!

「クリーデンス」のオフィシャルページ

全国規模で多数のアパレル求人が集まる転職サービス。
ファッショーネと合わせて2つのサイトから求人情報を集める転職活動が一般的。
こちらも合わせて登録しておきましょう。

↓こんな記事も書いています。
【アパレル転職のコツ】理想に近い転職を成功させる方法

この2つのサイトはバイヤーの求人集めの手段としても抑えておきましょう。

バイヤーになりたい。
バイヤーになるにはどうすればいいのか。

そう思っている方は、今日からバイヤーになる準備を始めましょう。
バイヤーの仕事に就くことはきっと実現するはず。

実現に向けて、上記のできることを1つ1つトライしてみましょう。

最初の1歩が肝心です!

///////////

ライター:高嶋一行(Kazuyuki Takashima)

yu-ki

tokyosamplesale.com運営者。ロンドンファッションウィークを中心としたファッション取材記事を執筆中。

Instagram

詳細プロフィールはこちら


SPONSORED LINK



 

◎人気の転職記事

【転職成功法】アパレル業界は非公開求人をモノにすること!
【ファッショーネに登録しよう!】アパレル業界での転職でかなり頼りになる存在ですよ
【アパレル・ファッション業界の転職】シチュエーション別の役立つ転職情報まとめ
【アパレル業界の転職を実話で】僕がユナイテッドアローズの面接を受けたエピソード

お問い合わせ、掲載依頼はこちらにお願い致します。
info@tokyosamplesale.com
ファミリーセール、サンプルセールを開催される方はお気軽に掲載をご相談ください。(無料)

ファミリーセール、サンプルセールなどの総合お買い得情報!
tokyosamplesale.com
最新情報はこちらからチェック!



ピックアップ記事

  1. 「オシャレは足元から」より先にファミリーセールのチェックをしよう!オンラインでもファミリーセ…
  2. 「オシャレは足元から」より先にファミリーセールのチェックをしよう!2017年ファ…
  3. 「オシャレは足元から」より先にファミリーセールのチェックをしよう!オンラインでもファミリーセ…
Instagram
Friends Added
PAGE TOP