体育会系が多い業界は「アパレル業界」だ!その理由は?なぜファッションの仕事なの?

体育会系なアパレル業界

当サイト「tokyosamplesale.com」の運営者である高嶋一行(@tokyosamplesale)です。

アパレル業界で働いている方や働いたことのある方なら分かる、ファッション業界独特の体育会系な雰囲気。

ゴリゴリで先輩と後輩そして上司に部下の縦社会です。

そんなアパレル業界でまだまだ多い体育会系な職場で毎日頑張って働いている人も多いのではないでしょうか?
辛いことが沢山あっても、好きで入ったファッションの世界だから続けている人。
泣くほどイヤなことがあっても諦めないで頑張っている人は本当にすごい。

僕自身も10年ほどアパレル業界で働いていましたが、体育会系の職場で働いている時は本当に毎日が辛かったです。
朝起きて出勤することが本当にイヤ。。。怒られたり、ストレスが溜まったり。

でも新しいシーズンの服や、好きなブランドに囲まれて仕事をすることは好き。
ファッションが好きという気持ちが原動力ですよね。

でも、フと思ったんです!

そもそもなぜ?アパレル業界には体育会系の職場が多いのか?

なので体育会系となってしまう原因を考えて見ました。

資格が無くてもできる仕事

まず最初に考えられるアパレル業界が体育会系となってしまった原因はコレでしょう。

ファッションの仕事をするには特に資格がいらないんです。

国家資格も試験もない。免許もいらない。
誰でも始めることができる仕事だということ。

そして学歴よりもセンスを大切にする風潮もアパレル業界独特でしょう。

誤解を恐れずに言えば、少し頭が悪い人でもファッションのセンスがあればアパレル業界で仕事ができるんです。

学生の頃は勉強をせずに部活動に励んでいた人でも問題ナシ!
そんな学力はそこまでだけど、オシャレが好き!なんて人が集まる職場がアパレル業界です。

部活動特有の縦社会である体育会系のスタイルを、そのまま社会人になっても持ち込んでいたりするのではないでしょうか。

最初に考えられるのはコレ!ファッションの仕事は資格も国家試験もないので、誰でも始めることができる仕事だと言えます。
さらに、学歴よりもセンスを優先する傾向にあるので、多少のバカでも仕事に就くことが可能。
学生時代は部活に打ち込んでいた方が、縦社会をそのまま持ち込んでいる可能性も十分に考えられます。

結構、この推測が1番有力だと思うんですよね。

昔のヤンチャ世代が持つ負の連鎖

ファッション業界は比較的新しい業種でもあり、活気づいたのはバブルの時代です。

このころは、とにかく商品を作れば作っただけ売れると言われた好景気。
なのでアパレル業界の営業担当も販売スタッフも、勢いのままセールスを行うスタイルが王道です。ほんとイケイケな感じ。

また、ファッション業界自体が目新しさや華やかな業種であることから、少しヤンチャをしていた人の多くがファッションの仕事を始めた時期でもあります。

そんな人達が上司として偉くなれば、自動的に体育会系な雰囲気に仕上がりますよね。
部下にも自分と同じような上下関係を期待するはずですし。

まさにバブル時代の負の連鎖として残っているのが今のアパレル業界にある体育会系です。

これ、今の30代がギリギリ分かるぐらいで20代になると意味不明なんでしょうねぇ。

やる気次第の感覚

とにかく元気良く挨拶することや、やる気を見せる習慣がアパレル業界にあります。これも体育会系となる要因のひとつ。

ライバルとの差をつけるために挨拶の元気が良い・ノリが良いなどで差別化を図ることなどが体育会系のアパレル業界を生き抜く方法だったりします。(昔とか特に)

そうやって「やる気と勢い」だけで結果を出したり出世をした上司がいれば、必然的に部下にも同じようなことを期待してしまいますよね。
この上司の期待と部下の態度により、世代を超えた体育会系スタイルの繰り返しが現在も残っているのではないでしょうか。

それにムダにペコペコしたり、上司や取引先に謙虚すぎる人っていうのもアパレル業界には多いですよ!
これも体育会系というか縦社会を象徴する感じがしますよね。

代わりの人材はすぐに見つかる使い捨ての習慣

人気ブランドであればあるほど「代わりの人材はすぐに見つかるから」という感覚の経営者や上司がよくいます。

仮にあなたが辞めたとしても、すぐに代わりのスタッフを補充すれば良い。
だからこそ

さらに、安い給料であっても人気の職種ということもあり、採用する側は「ダメなら替えの人材を入れるだけ」と言わんばかりの強気の態度に出ることも。
上司に気に入られるようにする習慣も根付いているように感じます。

トレンドに左右される危機感

これは経営者などのメンタルの話になるのですが、ファッション業界って浮き沈みが激しいことも特徴的なんです。
それは「トレンド」という世の中の流れにかなり売れ行きが左右されるから。

今売れているブランドであっても、来シーズンも売れるという保証はないんです。

なので華やかなアパレル業界ですが、展示会シーズンとなればピリピリした雰囲気になることも多いです。
そのため経営者や上司は部下に対して厳しくしたり、プレッシャーをかけたり、最大限の仕事をするようにムチを打ってきます。

部下はそんな上司の気持ちに答えるべき、体育会系でもテキパキと働くんです。
体育会系の環境に慣れた部下がやがて出世をして部下を持つようになると、同じように部下に対して無意識のうちに体育会系のスタイル求めるんです。

「自分が苦労したんだから、部下も同じように苦労するべきだ」って思ってしまうんですよね。

そんな負のスパイラルがまだまだ残っているんです。

実際に体験したアパレルの体育会系

上記のいくつかの原因が元でアパレル業界は体育会系のスタイルが根付いていると思うんですよね。
この記事を読んでいる方の中にも、今現在の職場が体育会系で悩んでいる人もたくさんいると思います。

辛いですよね〜。

ちなみに僕のアパレル業界の体育会系ならではの体験談はこちらです。

飲み会のお誘いは基本的にNOはナシ

1番イヤだったのは飲み会でした。

当時はスタッフ8名くらいの小さな会社で働いていたので、社長が飲み会を開くのです。
それが地獄で地獄で仕方なかった。

・基本的にメニューもアルコールも社長が決める。
・頼み過ぎるくせに、残すと怒られるのでみんなでムリをしながら食べる。
・お酒のペースが悪いと注意される。

などなど、自由に飲めないですからね。

あと、終電で帰れないんです。

二次会のカラオケは全員参加で盛り上げないと怒る。
曲は社長が決める。

カラオケは社長の気分が良くなったら終わるんですが、夜の3時や4時などが普通。
クタクタになりながらタクシーで帰るんです。。。

ほんと、何度も「なんでこんなことしているんだろう。。。」と悲しくなりましたよ。

厳しいノルマとサービス残業

販売スタッフとして働いている時はノルマが厳しかったですねぇ。
入社して約1年間続けていましたが、他店のスタッフを含めてもノルマ達成した人って1割もいなかったような水準です。

そんな不可能なノルマを提案する会社を疑いますし、そこまで売れないとなると接客でなんとかなるワケがなかった。
根本的に商品のデザインやブランドの立て直しが必要だったはず。

そして、ノルマ達成していないとサービス残業をすることも普通でした。
早番なのに遅番と同じ時間に帰るなんてことも多く、長時間働いていましたよ。

ただし、店長はいつも遅く出勤するのに部下であるスタッフがタイムカードを早い時間に押してあげてました。

どれだけタイムカードなどで出勤時間を管理しても、不正はいくらでもできるんですよね。

あっ、ちなみに当時僕が販売スタッフとして働いていた職場は潰れました。

やっぱり古い体質で変化のない職場って無くなっていく運命なのでは?と感じます。

基本、店長から怒られる毎日

これも忘れてはいけない。
販売スタッフとして働いている時は、とにかく毎日怒られてましたね。

パワハラなんて言葉が通じないような職場環境で、みんな萎縮してました。

しかもそういった場の空気が悪いお店って、お客さんとして入店したら感づくじゃないですか。

あっ、なんかこのお店の雰囲気悪い。とか。
店長に怯えながら仕事しているスタッフさんいるなぁ。とか。

わかりません?

なので僕の感覚では厳しく怒るだけの店長って相応しくないと思うんです。
それは昭和のやり方ですよ。

今現在、よく怒る厳しい店長に悩まされている方がいるのなら、その職場は逃げるべきでしょう。
鬱になったり、体も心も壊す必要はないんですよ。

僕も当時は相当キツかったですからね。その気持ち分かります。

その他にもいろいろ事例はあります

その他にも体験談を挙げると色々あるんですが、周りのショップでも似たように体育会系のスタイルが定着していましたよ。

例えば、

・ヒールで1日中立ち仕事

販売スタッフは基本的に立ち仕事です。それだけでも疲労が溜まりますが、「ヒール以外禁止!」の職場もありますよね。
シューズ専門店なら仕方がないかもしれませんが、服をメインにしたショップでもヒール着用を義務付けているお店がありました。

体調によってはフラットシューズも認めてあげればいいんですが、ガチガチにルールを決めているショップもあるんですよね。

・毎朝の発生練習

毎朝隣のショップから聞こえてくるのが発生練習でした。
「あ・い・う・え・え・お・あ・お」なんてメジャーな発生練習だけじゃないです。

「楽しいー!」
「嬉しいー!」

などの言葉を大声で発生していたので、ちょっと不気味でした。
大手のショップの習慣みたいなので、ピンと来る方は多いのではないでしょうか。

そう、あのお店で不気味な発生練習が行われているんです。

・意味のないイジメ

僕は直接的に経験はないですが、アパレル業界で働いていると。

・ノルマ達成していないスタッフとは話さない。
・ストックルームで体罰を受ける。

などの嫌がらせを受けた人もいます。

ほんと企業として何の意味があるのか疑問ですが、体育会系のスタイルでは正解になるみたいです。

特に体罰はひどいですよね。明るみになっていないだけで、悩んでいる人はいるのではないでしょうか。

優秀な人は先に会社を辞めていく

今現在、アパレル業界の体育会系な職場に悩んでいる人に伝えたいこと。
それが優秀な人ほど先に体育会系の職場を辞めていくということです。

なんか違うな。
この職場、おかしくない?

と思ったら辞めて違う職場で働けばいいんです。

優秀な人は行動力があるのですぐにそれができるんですが、そうでない人は我慢して働き続ける傾向があります。

「自分が成長できるから、厳しくても頑張る」という考え方もあるでしょう。

でもそれって自分を自身を肯定するだけの言い訳ではないでしょうか?

僕はむしろ体育会系という非効率な職場で働いていることこそがムダ!だと思っています。

よくよく考えたら体育会系のスタイルって古いし効率悪いですよね。
厳しくしなくても部下を育てることはできるし、みんなで目標に向かって結果を出すために頑張れる。

そもそも落ち込んだり、苦しんだり、プライベートまで仕事の影響が出るって健全ではないですよ。

なので優秀な人こそ、早い段階で体育会系の職場から離れていくんです。
体育会系の職場で残って働いている人たちは、みんな非効率を見て見ぬ振りをしているので優秀ではないはず。

今現在、厳しい上司に悩んでいる方や体育会系の職場で我慢している方は、もっと活躍できる場所を見つけましょう。

このまま毎日、嫌な気持ちを持ちながら働き続けるのは人生を損している。
ファッションが好きで今の仕事をしているのなら、もっと日常も仕事も楽しくないとダメだと思います。

あなたはそれに気づく優秀な人ですか?それとも、まだまだ体育会系の職場で我慢して働きますか?

思い切って転職をするなら不安要素は排除しよう

でも、転職しようと思っても不安がたくさんあって踏み出せないですよね。

・新しい転職先が見つからなかったらどうしよう。
・今の年収が下がったらどうしよう。

などなど、いまいち転職をスタートできない不安はたくさんあります。

だからこそ事前に不安要素は無くしてしまいましょう。

その方法が転職エージェントをうまく利用することです。

転職エージェントは誰でも無料で使える転職サービスであり、担当者との面談後に自分に合った求人を紹介してくれるサービスです。
アパレル業界を専門に扱う転職エージェントは以下の2つがオススメです。

クリーデンス

ファッショーネ

ちなみに転職エージェントをうまく利用するポイントは、

・働きながら転職活動をすること

体育会系の仕事が嫌でも、無計画に辞めてしまうと不安要素も大きくなります。
まずは働きながら転職活動をスタートすること!

そうすれば収入もゼロになることはないので落ち着いて転職活動ができます。

しかも転職エージェントを利用すれば自動的にメールで求人情報が届くので「エントリーする」のか「エントリーしない」のかの返事をするだけ。
仕事の負担なく転職活動ができます。

担当者さんに頼って自分の転職活動を実現させることが可能です。

・担当者に希望の年収などハッキリと伝えること

もう、ここは遠慮なく伝える!
ムリな場合は担当者さんも「ムリです」と返答してくれます。

アパレル業界の転職のプロである担当者さんに、いろいろなアドバイスをもらいましょう。
無料だからって関係ない!少し厚かましいくらいに希望を伝えた方が、担当者の方も求人を紹介しやすいそうです。

正直に遠慮なく、自分の希望を伝えましょう。

そして次に転職エージェントを細かく紹介します。

・まずはクリーデンス

アパレル業界の求人を広く全国で取り扱う転職エージェントが「クリーデンス」です。

販売スタッフの求人だけでなく、バイヤーやプレス、デザイナーやパタンナーの求人も幅広く展開。
またOEMの会社の求人なども集まっているので、未経験で企画や生産管理などの仕事がしたいという方にもチャンスはあります。

「クリーデンス」のオフィシャルページ

僕も実際に転職活動をした際にお世話になりました。
担当者さんが職務経歴書のチェックを細かくしてくれたおかげて、自力で転職活動をしていた時よりも書類審査の通過率が上がったこともあり、転職エージェントを利用するメリットを感じました。

ユナイテッドアローズの生産管理職としての書類審査も通過。
面接の機会を作ってくれたのもクリーデンスの担当者さんのおかげです。

関連記事: 僕がユナイテッドアローズの中途採用の面接を受けた口コミのエピソード【結果は落ちた?受かった?】

こちらの体験談も転職活動の参考にどうぞ。

そしてもうひとつがファッショーネ!

ファッショーネは圧倒的に口コミで評判が良い転職エージェントです。
特に女性に人気があり、親身になって転職サポートをしてくれる担当者さんが人気の理由。

もちろんクリーデンス同様に無料ですよ。

「ファッショーネ」オフィシャルページ

都内を中心に、関東全体のアパレル求人を多数取り扱いがあり、非公開求人も紹介してくれます。
非公開求人というのは、募集する企業側が公表していない求人で転職エージェント経由でしか見つからない求人です。

ブランドイメージなどを大切にしたい企業が非公開で求人募集をする際に使われるスタイル。
なので個人的に転職活動をしても、出会えない魅力的な求人情報があったりします。

転職エージェントに登録するだけで非公開求人に出会えるなら、登録するだけお得。
幅広く情報を集めましょう!

関連記事: 【転職成功法】アパレル業界は非公開求人をモノにすること!

上記2つのアパレル転職エージェントが一般的。
2つとも登録をして求人情報をよりたくさん集める人が周りには多いです。

今の職場に満足していないのなら、1人で悩まないで環境を変える行動を起こしましょう。
悩んでいるだけでは何も変わりません。今のあなたを変えるのは、あなたが動き出すしか方法はないんです。

1年後、5年後の将来を考えるなら、今から行動して未来を変えるべきですよね。

アパレル業界が嫌なら他業種へ転職も

そして、もう体育会系のアパレル業界がイヤ。うんざりだ!

なんて方は思い切って異業種に転職しましょう。
アパレル業界で身につけた接客スキルなどは他の業種でも役に立ちます。

周りのアパレル業界から異業種へと転職した人であれば、不動産業や飲食業、さらに介護の仕事などへの転職をした人を見てきました。

幅広くアパレル以外から転職先を見つけるなら「DODA(デューダ)」が信頼できる転職エージェントです。
理由は今持っているあなたのキャリアを尊重して転職先を探してくれるから。

そしてチャンスがあれば年収アップの可能性もあります。
異業種でもキャリアアップを目指すなら「DODA(デューダ)」の担当者さんに頼ってみましょう。

「DODA(デューダ)」オフィシャルページ

毎日が辛い、、その状況から抜け出そう!

アパレルは体育会系の職場が多いです。
でも、それが全てではなく、体育会系のスタイルを改善したアパレルの職場や企業はたくさんあります。

あとは、あなたがその会社へ移る意思があるかどうか。

あなたが体育会系の職場を辞めない限り、アパレル業界から昔から続く体育会系のスタイルは無くならないでしょう。

毎日の仕事、楽しいですか?
辛い毎日なら、今から動き出すべきですよ!

関連記事: 【ライバルには教えたくない】アパレル業界の転職で登録しておきたいサービス一覧

///////////

ライター:高嶋一行(Kazuyuki Takashima)

tokyosamplesale.com運営者。
現在、ロンドンファッションウィークを中心としたファッション取材記事を執筆しています。
ロンドンコレクションでは累計200以上の会場に足を運んだ経験あり。

ファッション業界の働き方の提案やロンドンファッションについてご紹介しています。

詳細プロフィールはこちら

Instagram


SPONSORED LINK



 

◎人気の記事はコレ◎

以下、よく読まれている記事をご紹介します。

すぐ買い物したい!そんなあなたへ簡単に1万円以上稼ぐ具体的な方法。これで新しい服が買える!
【転職成功法】アパレル業界は非公開求人をモノにすること!
古着バイヤーになるには?ファッション業界に転職したい方へ「バイヤーの種類」を解説
【アパレル業界の転職を実話で】僕がユナイテッドアローズの面接を受けたエピソード

Add Friend

お問い合わせ、掲載依頼はこちらにお願い致します。
info@tokyosamplesale.com
ファミリーセール、サンプルセールを開催される方はお気軽に掲載をご相談ください。(無料)



ピックアップ記事

  1. 「オシャレは足元から」より先にファミリーセールのチェックをしよう!オンラインでもファ…
  2. 「オシャレは足元から」より先にファミリーセールのチェックをしよう!2018年ファミリ…
  3. 2018年ファミリーセール、サンプルセール情報!「招待状不要のファミリーセール、サンプルセー…
Instagram

ファッションブログで月5万円以上稼ぐ方法

「ファッションブログで月5万円以上稼ぐ方法」ノウハウページ

PAGE TOP