【アパレルや衣類も含む!】ヨーロッパとの関税撤廃はいつから?何がお得になるの?

ヨーロッパと日本の関税撤廃!

当サイト「tokyosamplesale.com」の運営者である高嶋一行(@tokyosamplesale)です。

みなさん、2018年の7月17日に正式合意された「日欧EPA(経済連携協定)」を知っていますか?

ジェトロの日欧EPA(経済連携協定)ページ

簡単にすると日本とEUが貿易に関しての新しいルールを決めたと思って頂ければ問題ないです。

実はこれ、誤解を恐れずにザックリとまとめるといろんな物が日本とヨーロッパ間で関税がゼロになったり、低く抑えられることになるんです。

普段お店に並ぶ海外からの食品や自動車、ファッション商品など全てに関税という名の税金がかかっています。
だから日本で海外の物を買うと現地より高いですよね。

この高くなる原因のひとつが関税なんです。つまり税金!

これが無くなる!となれば嬉しいことじゃないですか?

いつから関税撤廃になるの?

「でも、そんな重要なことが決まっても、なかなか始まらないんでしょ?」
なんて思ったかもしれませんが、実は結構早くに施行される予定なんです。

施行は2019年のうちに始めます!ということらしいです。
2019年となると、もうすぐ。
この記事が2018年8月に書いているので、早くて半年。遅くても1年4ヶ月以内には始まるということになります。

結構早くないですか?

実はフランスなどワインを日本へ輸出している国が、チリなどの南米ワインが人気になってきているリーズナブルなワインに対抗しているらしい。

なので早く始めたいみたいなんですね。本気度が感じられます。

アパレルや衣類、ファッションはどうなの?

そして、関税撤廃のニュースを見ていると、自動車の部品だとか、輸入のワインやチーズが安くなるぞとか。
いろいろと僕たち日本人が得することを説明してくれていたりするんですが、肝心のアパレルや衣類・ファッションのことを詳しく説明しているニュースが見つからなかったんです。

ファッションの仕事をしている身としては、そこが一番気になるところ。

なのでここは直接、ジェトロ(日本貿易振興機構)という日本の国がやっているのかな?貿易関係のサポートをしてくれるところに僕自身で問い合わせてみました。

その回答が、衣料品も関税撤廃します!というもの。
これは嬉しいですね。

ちなみに関税っていうのは素材やアイテムによって細かく決まっていたりします。
こちらのリンクにある品目別の関税変更内容で調べることもできるのでどうぞ。

ファッションの衣料品などは62〜から始まる品番であることが多いです。

日欧EPA(経済連携協定)の品目別詳細ページ

たくさんの品番や似たようなものがあって少しややこしいですが、ズラ〜と見ていくといろいろな分野の商品が関税撤廃していることが分かりますよ。

革製品やレザーシューズなどはまだまだ先

ただし、ファッションの分野で衣料品などは関税撤廃されるんですが、残念ながら革小物やレザーシューズなどはすぐに関税撤廃されません。

今のところ予定では施行された後、11年後の関税撤廃を目指すようです。
なので2019年の施行されると、、、レザーシューズや革小物は2030年から関税撤廃。

、、、結構待つ必要がありそうですね。

これに関してはちょっとレザー業界などの保身が強い影響が出たのか??という感じです。

なのでレザーシューズなどはまだまだ先。。。待ちましょう。

何がお得になるの?

日欧EPA(経済連携協定)が施行されて、いろいろな物の関税撤廃されることは分かった。
でも一体どんなお得なことが自分たちに起きるの?

という僕たちに影響が出てくるであろうことを考えてみましょう。

ヨーロッパブランド品が安くなる

まずはコレ!
ワインやチーズが安くなるのもいいんですが、ファッション好きとしてはヨーロッパブランドが安くなるなら嬉しいですよね!

レザーバッグや革の財布などはまだまだ先ですが、服全般に適用されますよ。
通常10%〜15%くらいなのかな?ヨーロッパブランドのアイテムには関税がかかっていました。

なのでそのまま関税分が安くなるなら10%引きぐらいの値段になるのではないでしょうか。
これはお買い物好きとしてはすごく嬉しいことですよね。

ただ、ヨーロッパブランドが少しですが安くなることで日本ブランドが頑張るタイミングでしょう。
今までは関税がかかっていたからヨーロッパブランドが高かった。でもこれが緩和されるなら日本ブランドとの価格に近づきますからね。

日本ブランドの海外進出

それともうひとつ!
日本ブランドのヨーロッパ進出のハードルが下がります。

今までは「日本ブランドは質がいいけれど、関税が高いからお店に置けないわ〜」なんてバイヤーがいたとしても、これからは関税がかからないなら買い付けをしてくれる可能性もあります。

日本ブランドにとっては海外進出のチャンスです。
ファッションの本場であるパリで展示会をすれば海外進出のキッカケになるでしょう。

ちなみに僕はShowcase Tokyoというファッションセールス会社を運営しています。
パリコレ期間中に日本ブランドの展示会を行なって海外に向けたセールスなどを行なっているところです。

なのでこれをキッカケにヨーロッパへブランドを売り込みたい!なんてデザイナーさんがいらっしゃればご連絡ください。
パリコレ期間中の展示会の段取りやバイヤーの呼び込みなど、いろいろなサービスをご提供できます!

メール:
sales@showcasetokyo.co.uk

とさりげなく別事業の宣伝も入れておきます。

noteでも海外セールス奮闘記的なことを書いているので、こちらもぜひご覧ください。
内容は全くファッションに関係のないことだったりしますが、、、。

noteの海外セールス奮闘記ページ

このチャンスをどう活かす?

さて、あなたはこの関税撤廃のチャンスをどう活かしますか?

海外ブランドを安く買えるから、狙ってみる?
ヨーロッパの外資系企業に転職してみる?
デザイナーなら日本からヨーロッパへ進出してみる?

などなど、自分は何ができてチャンスを掴めるだろう、、、と考えると未来が楽しくなるかもしれません。

そしてファッション業界で働いているあなた!
今のうちにヨーロッパブランドなど外資系のアパレル企業に転職して可能性に賭けてみるのもいいかもですね。

転職活動をするぞ!という方はこちらの記事をご参考ください。

関連記事: 【ライバルには教えたくない】アパレル業界の転職で登録しておきたいサービス一覧

///////////

ライター:高嶋一行(Kazuyuki Takashima)

tokyosamplesale.com運営者。
現在、ロンドンファッションウィークを中心としたファッション取材記事を執筆しています。
ロンドンコレクションでは累計200以上の会場に足を運んだ経験あり。

ファッション業界の働き方の提案やロンドンファッションについてご紹介しています。

詳細プロフィールはこちら

Instagram


SPONSORED LINK



 

◎人気の記事はコレ◎

以下、よく読まれている記事をご紹介します。

すぐ買い物したい!そんなあなたへ簡単に1万円以上稼ぐ具体的な方法。これで新しい服が買える!
【転職成功法】アパレル業界は非公開求人をモノにすること!
古着バイヤーになるには?ファッション業界に転職したい方へ「バイヤーの種類」を解説
【アパレル業界の転職を実話で】僕がユナイテッドアローズの面接を受けたエピソード

Add Friend

お問い合わせ、掲載依頼はこちらにお願い致します。
info@tokyosamplesale.com
ファミリーセール、サンプルセールを開催される方はお気軽に掲載をご相談ください。(無料)



ピックアップ記事

  1. 2018年のファミリーセール、サンプルセール情報紹介!オンラインでもファミリーセール、サ…
  2. 2018年のファミリーセール、サンプルセール情報紹介!オンラインでもファミリーセール、サンプ…
  3. 2018年12月開催のクラークスのファミリーセール・サンプルセール詳細2018年のファミリーセー…
Instagram

ファッションブログで月5万円以上稼ぐ方法

「ファッションブログで月5万円以上稼ぐ方法」ノウハウページ

PAGE TOP