「イギリス人は傘をささない」は有名なあるあるです。だからレインコートが必要なんだ!

傘をささないイギリス人たち

これ、割と有名なイギリスあるあるらしいです。

僕もイギリスに来るまで知らなかった、、、。

「イギリス人で雨でも傘をささない人が多い」んです。

もちろん、全員が全員じゃないですし、ちゃんと傘をさしている方もたくさんいらっしゃいますよ。
でも、僕の肌感覚で8割くらいのイギリス人に当てはまる。

傘をささずに、濡れて家に帰る。
駅から学校や会社まで濡れながら向かう。

これ、普通ですからね。

日本人が受けるカルチャーショックのひとつ

ちょっと気になったらのでググッたら、たくさんの方が同じように「イギリス人は傘をささない」とあるあるネタにしています。
しかも日本人がイギリスで感じるカルチャーショックにも当てはまるのだとか。

別に僕はショックではなかったし、「みんな傘、ささないんだー」と思ったぐらい。

でも、イギリス人からすると、「傘さすなんてダサい」と思っている人もいるらしい。(もちろん一部の人ですよ。誤解ないように)

じゃー、いつも折りたたみ傘を常備している僕って、雨の日は相当ダサいのか、、、、。

ちなみに日傘もさしませんから

傘をささない習慣があるのだから、もちろん日傘もさしません。
日本などアジア圏の女性だと、日差しを避けるために日傘をさしたりしますが、イギリス人から見たら意味不明。

イギリスって曇りや雨が多いから、晴れの日ってそれだけでテンションアップ。
ひなたぼっこや日焼けを芝生の公園でするのがリラックスした休日だったりする。

それなのに日傘をさすとか理解できないそうです。
もしかしたら日傘自体を知らない人もいるかも。

日傘をさしている日本人の女性に、「雨、降ってないよ」と声をかける地元の方もいらっしゃいますからね。

こんな晴れの日に何しているの?って感じなんでしょうか。

なぜ?傘をささないの?

でも、それならなぜ傘をささないの?
と言う疑問が出てきますよね。

曇りや雨が多いイギリスなら、なおさら傘を愛用してもいいぐらい。
傘の先進国となってもいいぐらいなのに。

そこで、イギリスに住んでいて分かったある程度の理由をご紹介します。

ちょっと待てば止む。変わりやすい天気

イギリスの天気は本当に変わりやすい。
朝に晴れていたと思ったらいきなり曇り空。
曇り空かと思ったら次は雨、、、。

15分経ったら、いつの間にか晴れ(!?)

なんて感じでコロコロと天気が変わります。
これがイギリスの常識。

イギリスは1日の間に四季があるとも言われているとか。

この、通り雨みたいな天気をシャワーと呼ぶんですが、よく出てくる単語ですよ。
天気予報でも、日常の会話でも。

雨が降っても「シャワーだからすぐ止むよ」なんて。

実際にそうで、雨が降っていても少し待てば止むことが多いんです。

傘をもっていなくても、みんな「どうせすぐ止むさ」なんて思って傘をさしません。

霧雨や小雨が多い

あとは、雨の多いイギリスでは霧雨や小雨が多いことも理由でしょう。

日本でもあるじゃないですか。ちょっとの小雨だし、傘はささなくてもいいか。なんてこと。
そして、小雨でも傘をさしている人がいると「プッ、小雨なのに傘さしてる。笑」という感覚。

多分、イギリス人はこれと同じだと思います。

小雨ぐらいで傘さすなんてダサい。と思い歩き始める。
普段ならすぐに止む。

でも、でも、たまに予想が外れて強い雨になってビショビショに濡れる、、、。
そこをたまたま日本人が目撃する。笑

この仮説が正しいかは微妙ですが、小雨が多いことは確か。
小雨だと、日本人の僕でも、傘はいらないかなぁって思いますからね。

予測がつかない天気

もうひとつ、大きな要因。
それが、イギリスの天気予報は当たらない!ということ。

本当に役に立たないほど当たらない。いや、当たる日もあるけれど、ハズレが多い。
それぐらいプロの天気予報士でも難しい気まぐれなイギリスの天気。

なので、みんな天気予報には懐疑的。
「天気では雨って言っているけど、多分、小雨くらいで済むはずだよ。」
なんて、疑うこと日常茶飯事。

で、結局まだ雨が降っていない朝の出かける時に傘を持たずに出発。
夕方から雨に直撃してまうというわけ。

そうなったら、雨の中濡れながら帰りますよね。

イギリス人が傘をささないのではなく「持ってきていない」と言った方がいいかもしれませんね。

じゃーどうするの?

イギリス人が傘をささないと分かったところで、次のミステリー。
それが、じゃー雨の時はどうするの?
ひたすら雨に濡れるだけなの?

安心してください。イギリス暮らしの必須アイテムがあります。
それが「レインコート」です。

イギリスではレインコートが活躍

ちょっとの小雨なんてへっちゃら。
傘がない雨の日も、ある程度は傘いらず。

それに比較的寒い気候のイギリスでのアウター代わりにもなる。

レインコートって本当に使えるアイテムなんです。
もちろん雨の日に着る「カッパ」とは違いますよ。

ちゃんとしたファッションアイテムであり、アウターのレインコートです。

寒いなと思ったら晴れの日でも羽織ることができる。
ちょっと今日は天気が心配だなと思ったらスタイリングの最後に羽織る。

それだけでなく、秋冬シーズンのアウターにレインコートの機能性を加えたアイテムも多数あります。
レインコートがあれば、傘がなくても小雨ぐらいなら大丈夫。
さすがに強い雨は傘が欲しいところですが、、。

オシャレなアイテムも多数

なので、必然的にイギリスではファッションブランドがレインコートをリリースしていたりします。
オシャレなレインコートがたくさんラインナップしている国。と言ってもいいぐらい。

数ブランドを例に挙げるとこんな感じ。

Barbour(バブアー)

イギリスの老舗ブランドとして有名なBarbour(バブアー)。
ハンティング用のジャケットを作り続けており、イギリスの王室御用達。

特徴はなんといっても、コットン素材をオイル加工することで撥水性を高めたところ。
着続けることで独特の経年変化が楽しめるので、生地がいい感じに味わい深くなります。
古着で見つけても面白い、まさにイギリスらしいブランド。

ロンドンファッションウィークメンズで毎シーズンの新作を発表しているので、僕もプレゼンテーションには足を運んでいます。
現在はバイク向けのアウターなどを作っていますが、基本となるのは、やはりオイルドコットンな素材。

レインコートとして機能する、まさにブリティッシュスタイルなアイテムです。
1枚あれば長〜く着れるでしょう。

こちらはナイロンジャケット。
オイルドコットンは取り扱いが難しかったりするので、手軽なのはこちらかな。
その分、生地の味わいは劣りますが。

Aquascutum(アクアスキュータム)

イギリスを代表するコートブランドと言えば「Aquascutum(アクアスキュータム)」でしょう。
ラグジュアリーブランドとして高品質なアイテム展開が魅力。

雨の多いイギリスで、ストレスなく着こなせる撥水性で評判を高めたブランドです。

いろいろな商品がありますが、Aquascutum(アクアスキュータム)を代表するアイテムはトレンチコート。
しっかりと雨は防ぐ、まさにレインコートとして使えるアイテム。

不定期ですが、ロンドンファッションウィークにも参加していたシーズンがあります。
女性でもオシャレにレインコートを着こなせることをアピールしたプレゼンテーションでした。

楽天で見つけたこれは撥水性があるのかな?
値段的に見ると、しっかりと撥水性がある素材のようにも見えるけれど記載がない、、、。

Aquascutum(アクアスキュータム)のアイテムは直営店で購入するのが一番かもしれませんね。

BURBERRY(バーバリー)

(※写真はバーバリーのショー会場でスナップしたペネロペクルスさん。コーデはもちろんバーバリー)

Aquascutum(アクアスキュータム)と競うようにトレンチコートをリリースしていたライバルブランドのBURBERRY(バーバリー)。

もちろんBURBERRY(バーバリー)のトレンチコートも撥水性があり、雨の日のレインコートとして使用する人が多いブランド。
みなさんご存知のベージュのトレンチコートなどが代表アイテムです。

イギリスと言えばBURBERRY(バーバリー)と言われるぐらいの知名度を持つブランド。
ロンドンファッションウィークでも目玉ブランドとして、他のブランドとはダントツに違う注目度があります。
ランウェイショーに集まるセレブもハリウッドスターなど。

僕は一度はランウェイショーに招待して頂いたのですが、レーベル統合があってからはナシ、、、、。
入り口付近でスナップを狙うことが定位置となっています。

中に入ってショーが見たいなぁ。

こちらも楽天で見つけた商品ですが、やっぱり肝心の撥水性に関して記載がないですね。
言わなくてもわかるでしょ。ということなのか。

普通なら、バーバリーのトレンチコートならオイル加工がされており雨を弾く効果があります。
雨の日でも安心して羽織れる、まさにイギリスに適したコートです。

↓こんな記事も書いています。
【ペネロペ・クルス発見!】ロンドンコレクションのBurberry(バーバリー)でスナップ

MACKINTOSH(マッキントッシュ)

MACKINTOSH(マッキントッシュ)も撥水性に優れたアウターで忘れてはならないブランド。
ちなみによくある話である「MACKINTOSH(マッキントッシュ)」と「MACKINTOSH PHILOSOPHY(マッキントッシュフィロソフィー)」の違い。

簡単に説明すると、
MACKINTOSH(マッキントッシュ)が本場ロンドンのブランド。
MACKINTOSH PHILOSOPHY(マッキントッシュフィロソフィー)がライセンスブランド。

という解釈で問題ないと思います。(違ったら誰かご指摘ください)

で、MACKINTOSH(マッキントッシュ)の代表的なアイテムといえば、ゴム引きキャンバス素材。
コットン素材にゴムのコーティングをすることで水の侵入を防ぐというもの。

MACKINTOSH(マッキントッシュ)ならではの素材で、コートに多様されています。

ステンカラーコートなどは、まさにビジネスマンの代名詞的なアウターでしょう。
スーツスタイルにMACKINTOSH(マッキントッシュ)のコートなら、まず間違いはない。
どんな上司から見ても批判されないはず。

社会人としてどんなコート買おう、、、と悩んでいる方は、MACKINTOSH(マッキントッシュ)でしょう。
もちろん、お値段のお手頃なMACKINTOSH PHILOSOPHY(マッキントッシュフィロソフィー)でも十分OK。

MACKINTOSH(マッキントッシュ)はロンドンファッションウィークメンズに参加していましたが、最近はご無沙汰。
朝早くにプレゼンテーションしていて、寝ぼけながら見に行ったことを覚えています。

seasalt(シーソルト)

こちらはもうちょっとカジュアル寄り。
レディースメインのブランドです。

イギリスの南西部にあるコーンウォール発のブランド。
ほんと、イギリスの素敵な田舎町が集まる地方にあるコーンウォール。そこで始まったブランドです。

seasalt(シーソルト)というぐらいだから、海が近い地理的な特徴が活きている名前。

取り扱うアイテムは、カジュアルにナチュラルテイストを上品に取り入れた感じ。そしてオーガニック。
プリント柄のコットンワンピースなどはオーガニックコットンを使っています。

seasalt(シーソルト)のブランドで人気を集めるアイテムがレインコートというわけ。
鮮やかなカラーの組み合わせで、ポップに楽しめるデザインが魅力。

レインコートなだけに、触ると水をしっかりと弾いてくれる信頼性があります。

イギリスでオーガニック思考の方や、カジュアルファッションが好きな方に人気。
日本ではまだ本格的に上陸していないので、周りとカブることもない、知る人ぞ知るブランドですよ。

日本ではまだまだ知られていないブランドなので、楽天で探しても見つけたのは中古アイテム、、、。
集英社が運営するフラッグショップに取り扱いがあったみたいですが、今はないのかなぁ。

そうなるとイギリスのオフィシャルサイトに行くのが早そうです。
気になる方はリンクを載せておくのでどうぞ。

「seasalt(シーソルト)」のオフィシャルサイト

ちなみに余談かもしれませんが、うちの妻が愛用しているレインコートだったりします。
写真を撮って載せようとしているのですが、妻は今まさに着用して外出中、、。

後日、追記でここに写真載せます。

RAINS(レインズ)

こちらはイギリスブランドではなくてデンマークブランドですが、イギリスでも人気が高いのでご紹介します。
名前はレインコートにふさわしい「RAINS(レインズ)」。

独自で作られたオリジナルのポリウレタン素材で、軽くて水を通さないアイテム。
カラーにもこだわった深みのある色合い、シルエットの綺麗さも評価が高く、まさにオシャレなレインコート。

値段もお手頃で1万円代で買えるんじゃないかな。
雨の日が楽しくなるオシャレアイテムです。

このブランドはリーズナブルな価格なので、僕も愛用中。
カラーは新色らしいダークなブルー。
ロングタイプでも腰下ぐらいの程よい長さが気に入ってます。
何よりも北欧らしいシンプルなデザインがいいですよ。

日本にも上陸済みなので、セレクトショップでも気軽に購入できるはず。
同素材で作られたバッグなども人気です。

でも、中にはビショビショの人もいるようで、、、

と、言うように、イギリスでは傘よりもレインコートを使う習慣があるんです。
そう考えると、合理的というか、傘を持つ手間がいらないというか。

でも明らかにビショビショに濡れている人もたくさんいますから。
レインコートを着ていない人。
レインコートを着ていても、絶対に傘がいるほど強い雨の時。

いくら傘をさすのがカッコ悪いと言っても、ビショビショに濡れる方がダサい、、。
そう思ってしまうのは僕だけかな。

結論的には、レインコートと折りたたみ傘があれば最強だよね。ということ。

僕はいくらダサいと言われようと、傘はさす、、、、かな。

///////////

ライター:高嶋一行(Kazuyuki Takashima)

yu-ki

tokyosamplesale.com運営者。ロンドンファッションウィークを中心としたファッション取材記事を執筆中。

Instagram

詳細プロフィールはこちら


SPONSORED LINK



 

◎人気の転職記事

【転職成功法】アパレル業界は非公開求人をモノにすること!
ファッション業界こそ転職エージェントを利用すべき!その転職方法、本当に合ってる??
【アパレル・ファッション業界の転職】シチュエーション別の役立つ転職情報まとめ
【アパレル転職のコツ】理想に近い転職を成功させる方法

お問い合わせ、掲載依頼はこちらにお願い致します。
info@tokyosamplesale.com
ファミリーセール、サンプルセールを開催される方はお気軽に掲載をご相談ください。(無料)

ファミリーセール、サンプルセールなどの総合お買い得情報!
tokyosamplesale.com
最新情報はこちらからチェック!



ピックアップ記事

  1. ママコーデで人気のWillow bay(ウィローベイ)オーストラリア発のバッグブランドと…
  2. 2018年11月のファミリーセール、サンプルセール情報紹介!オンラインでもファミリーセー…
  3. 2018年11月のファミリーセール、サンプルセール情報紹介!オンラインでもファミリーセール、…
Instagram

ファッションブログで月5万円以上稼ぐ方法

「ファッションブログで月5万円以上稼ぐ方法」ノウハウページ

PAGE TOP