【バイヤーもブランドも】仮想通貨で支払いをすれば「かなりのコスト削減なのに!」

広がれ!仮想通貨による支払い

僕は仕事のひとつとして、日本ブランドを海外のセレクトショップに向けてセールスをする仕事をしています。
海外ショップのバイヤーさんに向けてセールスをして日本ブランドを買ってもらうというワケです。

で、オーダーを取れたら。通常は支払いなどのお金関係はバイヤーさんと日本のブランドとの直接のやりとりになります。
これが本当に面倒くさい!んですよ。

だって、海外のバイヤーさんが日本の銀行に振り込むんですよ。
聞いただけで「うっ、なんかややこしい」とか感じません?

日本の銀行って海外とのやりとりに際して便利と感じたことがないですからね。

海外取引はまだまだ国際送金。。

で、海外のバイヤーさんが日本のブランドへ支払いをするとき、まだまだメインは国際送金なんです。
ほぼ100%この方法なんじゃないかな。

一部、少額ならクレジットカード払いとか、現金払いとかがあるかもですが、普通は銀行振り込み。
自動的に国際送金になりますよねぇ。

国際送金をやったことある人ならわかると思いますが、本当に面倒だし時間もかかるし。
何よりも手数料がかかる。100円200円の世界じゃないですよ!1000円単位で取られますからね。

2度取られる手数料

しかも!
ファッション業界のビジネスの習慣として、「デポジット」というスタイルがあります。

簡単に言うと、オーダーした金額が100万円なら。

・最初に30万円払ってね。
・服が出来上がって発送するときに残りの70万円振り込んでんね。

という方法です。
これは、お互いキャンセルが発生しないように一般的にファッションの世界で使われる取引。

ということは、バイヤーさんは2度支払いをしないといけないということ。

2回送金手数料払ってるということです。
何千円とかかる手数料を2回払っているんです。

これだけであと1着仕入れできるんじゃないでしょうか?
ほんともったいない、もったいない。

「ドルにユーロ」通貨計算めんどう

さらにさらに!
日本のブランドが海外でセールスをしようと思うと、必然的に日本円の卸価格をドルやユーロ、ポンドに直す必要がありますよね。

これがまた負担な作業なんですよ。

支払いがあるのは半年後でしょ?
だから、ある程度の為替が動いてもいいように、ちょっと余裕を持って金額計算するんです。

今が1ドル100円だったとして、半年後に1ドル90円になってもいいように余裕を持って卸価格を1ドル90円で計算しちゃうんです。

まぁ、バイヤーにしたらちょっと損をするワケです。
半年後の為替なんて誰もわからないから、こういう方法で値段を決定しなくてはいけないんですよ。

それを、ドル、ユーロ、ポンドでそれぞれ計算する。
1点1点、日本円を計算して変える作業って結構大変。

今はエクセルの表計算でなんとかラクになったけれど、それでも負担!昔の人たちってこれを手計算してたの、、、?

仮想通貨なら支払い一発!オンライン可能

だからこそ!
仮想通貨の出番なんです。

一番メジャーな仮想通貨ってビットコインじゃないですか。
だから、ビットコインでバイヤーもブランドも支払いができれば、一発オンラインでOK。

銀行振り込みみたいに住所記入もいらないし。マイナンバーもいらない。
入金がある度に銀行から確認の電話がかかってくる必要もない。

それに、手数料が安い!
ポチポチっと送金して数時間で送金完了。
手数料は数百円ぐらい?

とにかく手間がかからないし、ビットコインなら世界共通通貨でしょ。
支払いの際に、日本円100万円分のビットコイン◯BTC払ってね。「はいポチ」で終わる話。

広がってくれないでしょうか?仮想通貨での支払い。

 

現実的に広がるのは5年後、、かな

でも!
現実的に言ったら広がるのは5年後ぐらい、、、、でしょうか。

だって、今の段階で

「仮想通貨?ビットコイン?怪しいよね」
「それ、危険じゃない?」

なんて感じる人がほとんど。
これを読んでいる人も80%の人はそう感じているでしょう。

なので、これから徐々に広がる仮想通貨であっても、一般的に普及するのは早くて5年後ぐらいでしょうねぇ。
それまで、じっと国際送金で我慢します。。。。はぁ。

仮想通貨は個人でも保有できます!

ちなみに、仮想通貨は個人でも簡単に持つことができます。
ビットコインが王道で、イーサリアムやネムなど。

僕自身、2017年の1月から保有していますが、だんだん保有する人が増えて、値段も高騰中。
8万ぐらい仮想通貨に使ってますが、トータルで70万円くらいに膨れ上がってます。

ただし!あくまで自己責任でお願いしますよ。値段が崩れることもありますからね。
5000円や1万円くらいの少額だけ試しに持つ。なんて始め方が一番いいと思いますよ。

仮想通貨も持ってみるならココ!

なんだか面白そうだから仮想通貨をちょっと買ってみたい!
そう思ったトレンド先取りな方は、以下の2つの取引所から登録、保有してみましょう。

どれも国内のサービスなので、比較的安心してビットコインなどを保有できます。
僕は2つとも登録しているので、それぞれの特徴も紹介しておきましょう。

coincheck(コインチェック)

「coincheck(コインチェック)」オフィシャルページ

コインチェックは、シンプルな画面で見やすく操作しやすい。
なので、初めての方も快適。それにビットコイン以外の仮想通貨もたくさんあって、選べる楽しさがあります。
快適に使えるサービスなので、お試しで始めるならストレスなく使えるコインチェックで十分でしょう。
とにかく初心者にオススメです!

bitFlyer(ビットフライヤー)

「bitFlyer(ビットフライヤー)」オフィシャルページ

CMなどでも話題となり、日本で一番取引量が多い取引所。
僕はここで初めてビットコインを買いました。
使い勝手も、画面の見やすさや操作性も標準的。
アプリの使いやすさが快適なので、スマホベースでビットコインの価格チェックなどをしたい方にはいいかもです。

試しに持つと勉強になるよ

ニュースで「ビットコインが〜」なんて話題になるじゃないですか。
それにこれからアパレルの分野でも、「ビットコインの支払いが可能に!」なんてショップは絶対に増えていくでしょう。

なので、どんな物か?ビットコインって何が便利なの?
と実感がない人は実際に買ってみましょう。
1000円でも5000円でもいいから。

特にショップオーナーさん!ビットコインの支払い可能が広がる時に出遅れないように!
今からビットコインの勉強しませんか?

・バイヤー関連記事一覧

バイヤーになるには?ファッション業界憧れのバイヤー職に就く方法はこれだ!

ファッションバイヤーになるには?転職前に知むべき全知識・方法公開!

【バイヤーをインターンで経験したい!】募集やアシスタントバイヤーとなる方法は?

ファッションショーの服装ってどうすればいい?バイヤーの着こなし in ロンドンコレクション

バイヤーの年収ってどれくらい?バイヤーに転職したい人が気になる給料の話

アパレルバイヤーが売り込みを断るテクニック!実際に言われた「ブランド営業あるある」フレーズ

【バイヤーのための英語力アップ】英語は「O型的」な「自分勝手英語」で上達したよ!

バイヤー職のやりがいは?|1番は「ブランドの個人オーダー」ができることでしょ!

///////////

ライター:高嶋一行(Kazuyuki Takashima)

yu-ki

tokyosamplesale.com運営者。ロンドンファッションウィークを中心としたファッション取材記事を執筆中。

Instagram

詳細プロフィールはこちら


SPONSORED LINK



 

◎人気の転職記事

【転職成功法】アパレル業界は非公開求人をモノにすること!
ファッション業界こそ転職エージェントを利用すべき!その転職方法、本当に合ってる??
【アパレル・ファッション業界の転職】シチュエーション別の役立つ転職情報まとめ
【アパレル転職のコツ】理想に近い転職を成功させる方法

お問い合わせ、掲載依頼はこちらにお願い致します。
info@tokyosamplesale.com
ファミリーセール、サンプルセールを開催される方はお気軽に掲載をご相談ください。(無料)

ファミリーセール、サンプルセールなどの総合お買い得情報!
tokyosamplesale.com
最新情報はこちらからチェック!



ピックアップ記事

  1. 「オシャレは足元から」より先にファミリーセールのチェックをしよう!2017年ファミリーセール…
  2. 「オシャレは足元から」より先にファミリーセールのチェックをしよう!2017年ファミリーセール…
  3. 「オシャレは足元から」より先にファミリーセールのチェックをしよう!2017年ファミリーセール…
Instagram
Friends Added
セカイモン
PAGE TOP