【ノルマ達成できない、、、】ちょっとした工夫で売り上げアップ!アパレル販売のコツは?

アパレル接客のコツは??

あー今月の売り上げノルマ達成できない、、、。
そんな風に追い詰められているアパレルスタッフの方、いらっしゃいませんか?

ポジショントークで言うと、毎月ノルマに追われるショップならスグに転職してしまえばいい。と思っていますが、そう簡単にできない人もいるでしょう。

「転職するのも不安だし、売り上げノルマは達成できないし。ダメ人間だわ、、、」

なんて、落ち込まないでください。

確かに販売テクニックは経験を積み重ねて習得するものですが、スグに実践できる効果的なコツもあります。

なので、今回は売り上げを上げる工夫として簡単に取り入れるテクニックをご紹介します。

ただし、最初に上記でつぶやいたように、ある程度の商品値段は覚えることはしてくださいね。
接客を受ける側として、値段を聞いてもタグでチェックするようでは、自分で値段チェックした方が早いですから。
結果的に「あなたの接客はいらない」と感じるキッカケになります。

誰もが気になる情報である「値段は覚える」
まずそこができたらスタート地点です。

↓こんな記事も書いています。
【個人ノルマが無いショップへ】アパレルの転職で気をつけたいノルマの厳しさ

すぐ実践できるコツありますよー

ノルマ達成できない。このままではヤバイ。
そんな方に向けて、即席で効果的な「ある程度のテクニック」をご紹介します。

細かいサービスや、お客様ごとに何を欲しがっているのかなどの察し方は経験で習得してください。
まずは誰でもできるコツを使って、売り上げを作る販売スタッフっぽく自分を演じさせましょう。

たった5秒でできる特別感

まずは接客中に5秒でできるテクニック。

それは、考える仕草。

コーディネートや要望を聞いた上で、「うーん、そうですねぇ」と5秒間くらい考える仕草をする。
この時、本当に考えていても、考えるフリでも何でもいいです。

お客様に「自分のために考えてくれている」という印象を与えること。
そうすることで、その後提案したアイテムやコーディネートは「自分のためだけに考えてくれた特別な接客となります。」

最初から頭の中に思い浮かんでいても、あえて考える仕草をしてみる。
これだけ?と思うかもしれませんが、実際自分がお客さんとして接客を受けると、すごく好感が持てます。

まさに専用コンシェルジュ。小さな特別感の演出なら、誰でも簡単に演じることができるでしょう。

似合っていると言い切る!

新しい服を試すお客様は、少なからず「似合っているかな」と不安になります。
誰でもそうですよね?僕も新しい服を試す時は、変じゃないかな?と不安になります。

だからこそ、接客スタッフが思い切りある気持ちで「似合っている!」を伝えてあげることです。
不安を取り除いてあげる。不安を感じさせないぐらい言い切ってあげる。

試着室から出てきた最初の反応が勝負!
もう、とにかくオーバーなくらいに。

「似合ってます!」
「カッコイイです!」
「素敵です!」

を伝えましょう。

そうすることで、お客様も新しいコーディネートに対する不安が取り除かれるのです。

ただし、似合っていない服は正直に「ちょっと違うかな?」と伝えること。
そこはお客様との信頼関係にもつながるので、正直な意見を柔らかく伝えるようにしましょう。

自分で試着して見せてあげる

これは結構効果的な方法です。
試着をするのが面倒だったり、申し訳なかったり、お客様によっては試着をオススメしてもあまり試してみようとしない方もいらっしゃいます。

なので、商品を説明している際に自分が先に着てしまう。
そうすればシルエットや着丈、コーディネートの合わせ方などの魅力を見せて紹介することができます。
さらにその後、自然と「ご試着いかがですか?」と聞くことで試着のハードルも下がります。

ただし、常に自分がどれくらいのサイズ感で着るべきなのか、事前に試着をして確かめることが大切。
常に新商品が入ったら実際に試着して、接客の際にスムーズに着こなせるようにしましょう。

お客様が着ないなら、自分で着て見せてあげる。
これって展示会などでは当然な接客方法ですが、実際のショップではあまり応用されていないので、ぜひ試してみてください。

ベテランは腕時計を常にチェックしているよ

あと、こちらはオマケ。
少しゲスい話ですが、お金持ちのお客様であれば気に入ったらまとめ買いが期待できることもあります。

たくさんの来客があるショップなら、お声がけするお客様もある程度絞る必要がありますよね。
全員にお声がけするのが不可能な場合など。

そういった時に、まずは腕時計をチェックするそうです。
ブランド物や高そうな時計をしている方にしっかりと丁寧に接客をすることで、まとまった売り上げを達成しているのだとか。

もちろん、全てのシチュエーションに当てはまるわけではありませんが、覚えておくといいポイントですね。

接客のコツはこの本から学べ

ちなみに上記のコツなどを含めてノウハウはこちらの本から吸収しています。
本の名前は「プロの常識BOOK」。

電子書籍対応なので、スマホに入れておけば休憩時間でも読めるので便利。
接客をもっと上達させたい!と思っている方なら、たくさんのヒントが見つかりますよ!

↓こんな記事も書いています。
【アパレル業界の転職を実話で】僕がユナイテッドアローズの面接を受けたエピソード

///////////

ライター:高嶋一行(Kazuyuki Takashima)

yu-ki

tokyosamplesale.com運営者。ロンドンファッションウィークを中心としたファッション取材記事を執筆中。

Instagram

詳細プロフィールはこちら


SPONSORED LINK



 

◎人気の転職記事

【転職成功法】アパレル業界は非公開求人をモノにすること!
ファッション業界こそ転職エージェントを利用すべき!その転職方法、本当に合ってる??
【アパレル・ファッション業界の転職】シチュエーション別の役立つ転職情報まとめ
【アパレル転職のコツ】理想に近い転職を成功させる方法

お問い合わせ、掲載依頼はこちらにお願い致します。
info@tokyosamplesale.com
ファミリーセール、サンプルセールを開催される方はお気軽に掲載をご相談ください。(無料)

ファミリーセール、サンプルセールなどの総合お買い得情報!
tokyosamplesale.com
最新情報はこちらからチェック!



ピックアップ記事

  1. 「オシャレは足元から」より先にファミリーセールのチェックをしよう!オンラインでもファミリーセ…
  2. 「オシャレは足元から」より先にアウトレットセールのチェックをしよう!アウトレットセールな…
  3. 「オシャレは足元から」より先にファミリーセールのチェックをしよう!2017年ファミリーセ…
Instagram
Friends Added
PAGE TOP