【知っておきたい梅雨の話】ファッションアイテムの保管方法は大丈夫?

みなさまこんにちは!
Model &Beauty School 『sen-se』綾瀬です。
いよいよ梅雨入りですが、みなさまいかがお過ごしですか?

梅雨どきは毎日のファッションも悩むところですが、ファッションアイテムの保管方法も、いつもより気をつけたほうがいいことをご存知ですか?
今回は梅雨の湿気シーズンを乗り切る、ファッションアイテムの保管ポイントをお伝えしますね!

【お洋服】
まずはお洋服。
湿気でカビたり臭いが付いてしてしまうと本当に残念なので、湿気を逃がすように保管しましょう。

具体的には、クローゼットの中を満タンにしないこと。クローゼットに掛けるお洋服は、容量の8割までにとどめましょう。
そして、除湿剤を置いておくようにすることはもちろんですが、晴れた日は必ず窓とクローゼットを開け放して換気をしましょう。
クローゼットにジメジメした空気を溜め込まないようにするのがポイントです!
また、雑菌が繁殖しやすい時期でもありますので、「少ししか着ていないから・・・」と一度着た服をクローゼットに戻すのは厳禁です!
汗、皮脂をしっかり落とすために「着たら洗濯」を心がけましょう。

【靴】
こちらもお洋服と考え方は同じです。
靴と靴の間隔をしっかり開けて保管するようにしましょう。

型崩れや剥がれ、色写りが起こったりするので、湿気の多い場所にギュウギュウに詰め込むのはNGです!
除湿剤は靴用のものだと脱臭機能にも優れているものがあるので試してみてくださいね。

また、パンプスなどを素足で履くのは控えたほうがいいのもこの季節です。
湿気や汗で靴が蒸れやすいので、ストッキングやフットカバーを履いて、足と靴を清潔に保ちましょう。

【バッグ】
バッグにも湿気は大敵!
特に海外製品は日本の湿気を想定されていないものが多いですので、気をつけましょう。
エルメスなど革素材のものは特にデリケートです。カビなんて、考えただけで悲しいですよね・・・。

バッグの中に紙を詰めておくだけでも型崩れと湿気防止になりますので、保管の際は紙を詰めておいてくださいね。
そして晴れた日には風通しのよい日陰(室内でOKです)でしっかり風を通してあげてください。

雨の日でも使いやすい合皮のバッグも湿気や摩擦などでダメージが重なると剥がれや色移りが起こりやすくなります。
雨の日に使ったら、紙を詰めてできるだけ湿気を飛ばし、毎日使わずに休ませながら使ってあげてくださいね。

ヨーロッパなどからすると、やはり日本の湿気は特殊なので海外製品は特にしっかりケアしてあげてください。
そしてちょっとしたポイントに気をつけて、大切なものを長く使えるようにしたいですね!

Model &Beauty School 『sen-se』
http://sen-se.com

////////////////

ライター:綾瀬
Model & Beauty School sen-se
東京校モデル部門運営責任者/講師

_8EC6819

大阪出身。関西を中心に様々なショーの現場でモデルとして活躍し、2014年に東京へ移住。
同時にsen-se東京校モデル部門講師となり、モデルを目指す女性や現役モデルたちに指導を行う。
プライベートでは男の子2人のママとして奮闘中。思春期対策としてキックボクシングとランニングに明け暮れる肉体派(?)ママでもある。
http://sen-se.com/lecturer/lecturer_ayase.html

instagram
https://www.instagram.com/ayre_aya/
sen-se東京モデル部門ブログ
http://ameblo.jp/sen-se-model-tokyo/
sen-se東京モデル部門メルマガ
https://55auto.biz/sen-se/regires.php?tno=128



ピックアップ記事

  1. 「オシャレは足元から」より先にファミリーセールのチェックをしよう!オンラインでもファミリーセ…
  2. 「オシャレは足元から」より先にアウトレットセールのチェックをしよう!アウトレットセールな…
  3. 「オシャレは足元から」より先にファミリーセールのチェックをしよう!2017年ファミリーセ…
Instagram
Friends Added
PAGE TOP