【29歳こそ転職を!】アパレル業界のキャリアを実体験と共に解説

29歳はひとつの節目

新卒でアパレル業界に就職して気づけば30代目前。
三十路の世界へカウントダウン。

28歳や29歳など20代後半となると将来のことがいろいろ不安となる時期なのでは?
すごく大人なイメージがしていた30代。
でもまだまだ自分は大人になりきれていない感覚。

それは仕事も同じで、今のまま仕事を続けていていいのか?
将来的なことも考えて思い切って転職した方がいいのだろうか?

そんな29歳近くの節目で悩んでいる方に向けて、29歳までに転職をするべきかどうかのヒントとなるような。
実体験も踏まえた情報をお届けしましょう。

大切なのは「自分は今の会社に残る!」と決意するのか。
それとも「将来性を考えて転職する!」と行動するのか。

この記事を読んで自分の立ち位置を明確にしましょう。
一番ダメなのは、どちらでもないポジションに留まること。

20代の決意を固めましょう。

29歳で転職するメリットって何??

でもどうして29歳で転職することが話題になるのでしょうか。
これはアパレル業界だけでなく、一般的な転職活動のあるあるだと思います。

30歳目前でフと自分の現状と将来を考えるキッカケの29歳。。。

そこで、29歳で転職をするメリットを考えてみましょう。
自分にとってのメリットが大きければ転職に動き出し、メリットはそこまで無いなと思ったらそのまま今の会社で働き続ければいいのです。

悩める29歳。動くか動かないかの判断材料は以下の通り。

↓こんな記事も書いています。
【アパレル転職のコツ】理想に近い転職を成功させる方法

メリット1:ギリギリ20代枠で転職できる

なぜ29歳で転職をするのか?
その最大のメリットは「20代であるから!」

たかが1年違う29歳と30歳。
29歳はギリギリ20代の若者として転職ができる最後の特典とも言えます。

思い切って違う業界や職種にチャレンジしたいかも。
好きなブランドがあって、いつかは転職したいと思っている。

など、自分の中に何か希望や転職に向けた意志があるなら、動き出すタイミングと言えるでしょう。

20代だとなんでもやり直しが利く時期。
挑戦したいことに思い切って足を踏み出せる年齢。

もちろん、30代でも新しいことやチャレンジしたいことはできます。
でも20代という世間的な感覚は29歳まで。

そう、世間的なイメージで20代と30代には大きな差があります。

求人募集の条件にも「20代の方」などと記載されるなど、年代はひとつの区切り。
その区切りを終えるまでに動き出すことが有利に転職活動を進めることになります。

29歳と30歳の違い、はっきりとした差はないかもしれません。
でも実際に肌感覚で違いを感じるはず。

自分が面接官であれば、29歳は20代で若いイメージがありますが、30歳になると途端に30代の大人イメージを抱いてしまいます。

そういう感覚的なところでも、29歳で動き出すことは有利かと考えています。

メリット2:有意義な30代を過ごせる

20代のうちに行動したからこそ楽しめる30代があるはず。

30代となると、自分がどうのこうのよりも、周りの変化がめぐるめぐる変わります。
特にアパレル業界であれば、転職した!という人が多く、出世した!という人もたくさん。

一般的なところでいくと、結婚した!家買った!子供ができた!などなど。

20代よりも確実にイベント事が増えていきます。
自分がどうあれ、周りがそうなるのは確実です。

なので一般的な30代は、プライベートな部分での発展が大きく、仕事でも出世などのステップアップが起こる時期。

そんな時に転職活動もしくは転職したいと悩んでいてはもったいない。。。

20代のうちにある程度の自分の方向性を決めて熱中する方が充実した30代が過ごせる。それに周りにも影響されない自信を持ったライフワークが送れる。

もし、自分に結婚や子供などの幸せなイベント事があっても心から楽しめる。

なので20代にある程度人生の方向性を決めたチャレンジをしておくべき。

30代になってからそのうち、、、と言っているといつまでも動けなくなりますよ。

メリット3:キャリアアップのチャンス

もうひとつ年収アップやキャリアアップに関して考えても29歳は有利でしょう。

29歳で転職をして30歳から新しい会社でスタート。
それなら60歳まで30年。
十分にキャリアアップをする期間があるでしょう。

同じ業界で転職をするのなら、今の会社の経験を活かした転職ができますが、全くの未経験な業種なら、キャリアアップもゼロからのスタートとなることも。

そう考えると早ければ早い方がいい。
だから29歳の20代に転職をすれば年齢的にも定年までの期間的にも有利でしょう。

ただ、同じ業界でずっと働くのなら、焦る必要はありません。
アパレル業界でずっとやっていくなら、35歳くらいからキャリア転職を狙うこともひとつの手。

新しい職種に挑戦したいのか、同じ業界で着実にキャリアアップしたいのか、自分の人生プランと相談しましょう。

↓こんな記事も書いています。
【アパレル業界の年収】転職をする前に明確にしておきたい職種別詳細と給料アップの方法

僕が29歳で会社を辞めた理由

ここからは僕の実体験から考える29歳に転職など行動を起こすべきと思う理由を。

29歳の時に5年間働いていたアパレルの会社を退職。
転職活動を行ったのち、フリーランスとしてファッション関連の取材・撮影。そして当サイトの運営を行っています。

僕が29歳の時に転職だ!と行動した理由をご紹介します。

↓こんな記事も書いています。
【アパレル業界の転職を実話で】僕がユナイテッドアローズの面接を受けたエピソード

理由1:背中を押す良いキッカケだった

それまでも何度も「転職しようかな?」という気持ちはありました。が、実行できず。
転職したいという気持ちと、実際に転職しようと行動する気持ちは別モノのような感じだと思います。

したいしたいと思っていたところに、何か最後の一押しがないとなかなかできない。
だって転職活動に対する不安の方が大きいですからね。

給料どうなる?年収下がったらどうなる?会社に伝えるのも気が引ける、、、など。

そこで思い切って転職活動をするキッカケとなったのが29歳という年齢でした。
30代になるまでにやりたいことを考えた時、「仕事を変える」という気持ちが大きかった。
なので行動をした。という至ってシンプルな理由。

でも、このシンプルな感覚こそ大切なもの。
ジョギングをする人でも「5キロ走ったら終わろう」とか「あと10分!」など、明確な数字で目標を立てれば頑張れる。

なので、29歳だし転職しよう。というシンプルな理由も全然アリ。
そうでもしないと人間行動しませんからね。

理由2:29と30との間に大きな違いを感じた

個人差はあると思いますが、20代と30代の大きな違いを感じている思います。
30歳の誕生日を目前とする方なら、三十路となることへの不安と何かショックな気持ち。
もちろん30代への期待もあると思いますが、もう20代ではないんだ、、、という感覚があると思います。

なので、ステージがガラッと変わる前に身の回りを整えておきたかった。
それに、ここで転職しなかったら30歳はもちろん、35歳頃まで同じ会社で働く可能性も。

そんな姿はイメージできなかったことや、イメージもしなくなかった。
なので、転職活動ができたと言うワケ。

今思うと何ともなかったですが、当時は29歳と30歳の間にはすごく大きな違いがあると感じていました。
サッカーのJリーグでいうJ1とJ2の違いくらい。

なのでJ1リーグに上がる前に自分のチームの補強を行ったような感覚。

いざリーグ戦が始まってからだと、なかなか補強や方向修正は難しいですからね。

理由3:20代という下積みの終わり

よく20代は下積みの時期といいますが、その20代が終わったから転職という感覚もありました。
30代は下積みで得た経験を活かして自分の能力を高める時期と考えています。

思えば20代で働いた会社はバリバリの体育会系が多く、朝から晩まで必死に働いていました。
が、そんな働き方を30代、40代も続けるには体にも精神的にも負担となります。

なので30代からは働き方を変える意味でも転職という行動に出たかった。

ちょうど20代でリフティングやシュート、ドリブルの練習から体力作りも十分した。
30代からは実際の試合でそれを活かした方が能力も伸びるはず。

20代と30代以上は働き方を変えて効率的に動く必要があると考えています。

29歳で決断して良かったこと

そして、実際に29歳で転職活動をし、結果的にフリーランスとして仕事をしているわけです。
そこで、29歳や29歳になろうかという方のために、29歳に行動しておいて良かったことを紹介したいと思います。

転職活動をするということは少なからずリスクがあり、不安もたくさんあることは当然。
でも、行動した人にしか得られない未来があることも事実。

個人的な「29歳で行動しておいて良かった〜」とホッとした気持ちをご紹介します。

その1:やればなんとかなる

もう細かい理由などは何もないですが、何かを始めらた何とかなる世の中だと思っています。
もちろん、運や周りの協力もあると思いますが、目標を持って行動すれば何とかなるもんです。

転職活動も、今の仕事を続けながら行うことができます。
それに仕事を辞めたとしても失業保険がありますから。

企業からの求人も、アパートの空き部屋のように常にそれなりの案件もある。
なので、全く仕事が見つからないということもない。

僕のようにフリーランスとして仕事を始めても、何とか仕事が回ってくる。

なので何とかなる。
なんとなならなかった時のセーフティーネットも日本にはあり、それにプラスして頼れる家族がいれば尚良し。

逆にリスクを取らないで行動しないことの方がリスク。
転職したいという気持ちを持ち続けて生活することがどれだけもったいない時間かを考えると即行動できるでしょう。

その2:仕事もプライベートもチャレンジの30代

個人的なことですが、30代となり日本を出て英国に移住。それに結婚もして31歳の時に子供も生まれています。
20代はとても早く過ぎていく感じがしましたが、30代はもっと内容が濃く早く過ぎていく気もします。

仕事もプライベートも全てがチャレンジで新しいこと尽くし。

これが29歳で行動したから手に入った生活であり、そのまま同じ会社で働いていたら得られなかったであろう生活。

20代である程度経験を積んだ方は、アパレル業界でもそうでなくても30代はチャレンジをする時期にしましょう。
そういった意味でも、転職して新しい会社で自分を試す。

そうすれば自分自身も周りから見ても楽しい30代が過ごせるはず!

その3:もっと早くてもいいと思った

ここまで29歳で転職活動を!という内容でご紹介していますが、個人的にはもっと早くても良かったと思っています。
正しくは29歳で行動してギリギリ良かったという感覚。
もっと26歳、27歳ぐらいの早い段階でも行動していても良かったのでは?とも感じています。

結果的には、「早ければ早いほうがいい」ということ。
そして29歳が許容できるギリギリの範囲内だと思います。

転職したいと思ったら悩んでないで即行動するぐらいのフットワークがあれば、もっと今よりも上へ上へ目指していけたのだと思います。

なので、「転職したいけれどなぁ〜」と思っている方は29歳がギリギリチャンスだと思って、追い込まれた感でスタートしてみましょう。

↓こんな記事も書いています。
転職活動をした際に感じた「やっておけばよかったこと」個人的なまとめ

アパレル業界も20代のうちが有利

やっぱり一般的な感覚と同じく、20代のうちに転職をするということは正解に近い行動だと思っています。
もちろん、そのままずっと続けたい会社で働いているのなら、続けた方がいいです。
でも不満を持っている状態なら、29歳こそ動くべし!

そして当然ながら最初の1歩は会社を辞めることではありません。
転職サイトに登録して求人情報を手に入れることから始めること。

もちろん、魅力的な求人がなければ、そのまま会社に残ることもできるので低リスクで転職活動が始められます。

29歳こそ転職だ!助けれくれる転職サイトは??

そしてアパレル業界で利用すべき転職サイトもしっかりとあります。
アパレル業界専門で非公開が集まるサイトなら心強いはず。

代表的なサイトは以下の通り。1つでもいいですが、複数登録でより転職活動の精度を上げましょう。
もちろん、全て無料で利用できるので、損することはないでしょう。

<関東に特化!ファッショーネ>

「ファッショーネ」のオフィシャルサイト

アパレルに特化した求人情報が集まり、多くの非公開求人を紹介してくれる転職サイト。
さらに関東に限定して転職支援を行なっている会社のため、都内をはじめ東京近郊のアパレル求人に強いところが魅力的です。

女性の登録者も多く、安心して利用できる転職サイト。
丁寧なカウンセリングで転職活動もスムーズに進むことでしょう。

↓こんな記事も書いています。
【転職成功法】アパレル業界は非公開求人をモノにすること!

【ファッショーネに登録しよう!】アパレル業界での転職でかなり頼りになる存在ですよ

<王道中の王道!クリーデンス>


「クリーデンス」のオフィシャルサイト

アパレル業界の中でも最大手とも言える転職サイト。
販売の仕事からデザイナーやプレス、バイヤーなど様々な求人が見つかることが魅力です。

関東だけでなく関西や九州でも転職支援をしているので、全国のアパレル業界の求人が集まる場所でもあります。
もちろん非公開求人も多数。

↓こんな記事も書いています。
【失敗したくないから】クリーデンスの合格診断で自分の可能性を事前チェック!

口コミレポート!ファッション業界の転職エージェント「クリーデンス」を実際に使ってみた。転職までの流れはこんな感じ

<魅力ブランド多し!iDA>

「iDA(アイ・ディ・アクセス)」のオフィシャルサイト

ニューヨークブランドや外資系企業まで、知名度の高いブランドの求人を多数扱う転職サイト。
働き方も柔軟で、正社員はもちろん派遣として働いて正社員となる道もあるので、仕事が見つかりやすいところが魅力。

しっかりと働き出すまでサポートしてくれるので、転職活動から内定・仕事開始までスムーズに進みます。

憧れのブランドなど、職場にこだわりがある方は登録する価値有りです。

29歳こそ利用するべき!サイト一覧

また、29歳の転職に役立つサイトとして以下もオススメです。
自分の強みを知ることや、会社の内部情報を口コミで得ることも大切。
ここまで登録しておけば、しっかりと情報が集まるので安心感が違います。

<リクナビネクストの強み診断>

リクナビネクスト「グッドポイント診断」ページ

リクナビが無料で行っている自分の強みを知るためのサービス。
無料だと思ってナメていると、その本格的なテスト方法に驚くはず。
そして、質問数も多いので、時間がある時に行うことをオススメします。

一体自分はどんな仕事が向いているのだろう。
どんな分野で能力を発揮できるのだろう。

と悩んでいるならグッドポイント診断で自分の強みを調べてみては??

↓こんな記事も書いています。
自分はデザイナーに向いている?それとも生産管理?自分の強みを無料で診断しよう

<キャリコネの口コミ情報>

「キャリコネ」オフィシャルサイト

自分が今働いている会社って世間的にどうなの?
新しく求人を見つけた会社、働きやすいところかな?

そんな疑問を解決するのがキャリコネの口コミサービス。
実際に働いた方の口コミが集まる転職サイトであり、たくさんの会社の情報が集まっています。

働き出してから、「なんか違う、、、」なんてことがないように、求人情報を手に入れた時から働きやすさをチェック。

特に女性なら、有給休暇や育児休暇などの取得しやすさも見ておきたいところでは??

↓こんな記事も書いています。
【ファッションこそ働きやすさ重視】アパレル業界で残業が少ない会社を選ぶ方法

29歳!動き出すなら今だ!

29歳でこれからの人生を考えはじめたなら、それは良いキッカケ。
30代を楽しむためにも、20代の間の行動しよう!

動いた人こそが得をする、それが20代の転職です。

↓こんな記事も書いています。
【ベストなタイミングはいつ頃?】アパレル業界における転職の動き方

///////////

ライター:高嶋一行(Kazuyuki Takashima)

yu-ki

tokyosamplesale.com運営者。ロンドンファッションウィークを中心としたファッション取材記事を執筆中。

Instagram

詳細プロフィールはこちら


SPONSORED LINK



 

◎人気の転職記事

【転職成功法】アパレル業界は非公開求人をモノにすること!
ファッション業界こそ転職エージェントを利用すべき!その転職方法、本当に合ってる??
【アパレル・ファッション業界の転職】シチュエーション別の役立つ転職情報まとめ
【アパレル転職のコツ】理想に近い転職を成功させる方法

お問い合わせ、掲載依頼はこちらにお願い致します。
info@tokyosamplesale.com
ファミリーセール、サンプルセールを開催される方はお気軽に掲載をご相談ください。(無料)

ファミリーセール、サンプルセールなどの総合お買い得情報!
tokyosamplesale.com
最新情報はこちらからチェック!

ピックアップ記事

  1. 「オシャレは足元から」より先にファミリーセールのチェックをしよう!オンラインでもファミリーセ…
  2. 「オシャレは足元から」より先にファミリーセールのチェックをしよう!2017年ファ…
  3. 「オシャレは足元から」より先にファミリーセールのチェックをしよう!オンラインでもファミリーセ…
Instagram
Friends Added

メルマガ登録/解除

PAGE TOP